愛知県議会議員 稲垣昌利 のWEBサイトにようこそ♪

平成21年7月21日 6月定例会  議題1 合併問題について

議題1 合併問題について でございます。

既に一部、新聞等に報道され重複する部分もございますが、私の合併問題に対する思いと
再確認の意味を込めて質問させていただきます。
ここで挙げる合併問題とは、西尾市と幡豆郡3町との合併問題です。
これまで西尾幡豆地域では、「西尾幡豆は一つ」との理念のもと、
西尾幡豆広域連合を設立するなど広域行政の推進に努めてまいりました。
しかし、この1市3町の合併については、進展が見られぬまま、今日に至っております。

 榊原市長は20年前に市議会議員に立候補した時から合併するべきだとの公約を掲げられ
今回の市長選に立候補する時にも、まず第一に合併の推進をしたいということを
訴えてこられました。 その結果、無投票での当選を果たされた訳ですが、
無投票であったがゆえに、市長の合併を推進するにあたっての将来構想などが、
まだまだ市民には十分伝わっていないのではないかと思います。

 私としては、是非、合併に対する市長の将来ビジョンをここでお伺いしたい。
そしてそれが、「西尾市と西尾市民、そして幡豆郡3町の町民のため」という想いで
あって欲しいと願うところであります。

 観光資源や地域力を結集することによるイメージアップなどの良いことは
たくさんあると思いますが、当然リスクも生じるでしょう。
その点に不安を感じている市民もたくさんいると思います。
しかし、リスクを恐れていては、新しい未来は開けませんし、冒頭に申し上げたとおり、
勇気を持って困難に立ち向かっていただきたいのはもちろんですが、常に、市民のために、
市民の意向をしっかりと把握され、リスクに勝るメリットを示していただきたいのであります。
11万都市の市長として、西尾市民のみならず、3町町民の幸せを求めるために
どうすべきかということを念頭においていただき、
最大のリーダーシップを発揮すべき時であると思います。
以上の事を踏まえながら、質問をさせていただきます。

  • 質問要旨1 
    一市三町の合併を推進するにあたり、どのような将来構想をお考えですか。

  • 質問要旨2 
    一市三町との合併が西尾市と西尾市民にとって
    どのようなメリット・デメリットがあるとお考えですか。

  • 質問要旨3 
    三町との合併に関する話合いの場はどのように設けようと思ってみえますか。

  • 質問要旨4 
    市民の意向はどのように把握されるのですか。

  • 質問要旨5 
    合併特例法は平成22年3月31日までの時限立法でありますが、
    それまでに合併できる可能性はあるとお考えですか。
    またそれ以降になった場合、優遇を受ける事は無くなりますが
    それでも推進の方向でお考えですか。

以上5項目についてお尋ね致します。


平成21年7月21日 6月定例会  前文 へ

平成21年7月21日 6月定例会  議題2 「まちおこし」について へ



powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional